カテゴリ:クモ目( 32 )

キクヅキコモリグモ(コモリグモ科)

キクヅキコモリグモ?Pardosa pseudoannulata (Bösenberg et Strand 1906)
(2005.03.22福岡市西区元浜[植樹用育苗地])
c0034881_7534812.jpg

通常は観察中心で捕獲しないのですが、育苗地の整地作業中だったので捕獲後撮影。背甲の模様斑紋がはっきりしている。
本日、モンシロチョウとメスグロヒョウモンの初見。
[PR]
by nephila1 | 2005-03-22 00:00 | クモ目

エビグモ属?の一種(エビグモ科)

エビグモ属?の一種Philodromus sp. c0034881_7522547.jpg
(2005.03.21福岡市西区九大農学部早良演習林)
体長は約10mm。マツの樹皮下に多い。
[PR]
by nephila1 | 2005-03-21 00:00 | クモ目

クロチャケムリグモ?(ワシグモ科)

クロチャケムリグモ?(ワシグモ科) 落葉の間や地表を歩きまわるクモの仲間ではもっとも普通種。分布は本州から九州まで。(2005.02.22福岡市西区九大早良演習林)
c0034881_4581770.jpg

今日の昼間は非常に温かかった。20~21日の厳しい寒さと雪から一転、すっかり春の陽気。演習林の林床には無数のコモリグモがーー。
[PR]
by nephila1 | 2005-02-22 00:00 | クモ目

【参考】 トゲゴミグモ(コガネグモ科)

c0034881_630437.jpgトゲゴミグモ Cyclosa mulmeinensis (Thorell 1887)/沖縄:渡嘉敷島2005.01.30

マルゴミグモに対し"ゴミの命名は可哀相!"との感想あり。見渡してみると同様の例はトゲゴミグモでもっ!両種は良く似ているが、トゲグモには腹肩部にトゲがある事より容易に鑑別できる(佐賀福岡ではありませんが、感想が寄せられたので提示。)
体長♀3.5~5mm、♂2.6~3.2mm。熱帯域では普通種。樹間や構築物に塵の隠れ帯を付けた垂直円網を張りその中に遷座する。分布:南西諸島。 
[PR]
by nephila1 | 2005-01-30 00:00 | クモ目

【参考】 チャスジハエトリ(ハエトリグモ科)♀

チャスジハエトリ(ハエトリグモ科)Plexippus paykulli/2005.01.29沖縄県渡嘉敷島
c0034881_21101013.jpg

モクマオウの枯樹皮下で冬眠中のチャスジを引っ張り出して撮影。冬眠中とは言え、22℃の温度は動き回るのに十分。ネットインしての撮影でないと無理だった。

今後の留意事項:[沖縄クモ図鑑]のイメージと少し異なる(もっと黒くて毛深い)ので、今後注意。
[PR]
by nephila1 | 2005-01-29 00:00 | クモ目

マルゴミグモ?(コガネグモ科)

マルゴミグモ?Cyclosa vallata(コガネグモ科)(2005.01.04福岡市西区愛宕浜)
c0034881_0143045.jpg
横糸を完全に欠いた縦糸のみの水平円網に背位占座(円網とは言えないがーーー[笑]) 
《追加記載》
01月22日;寒さのためか、これ以上造網することはなかった。以後は、毎日、周囲の葉へと僅かに移動し、1日中葉上で肢を縮めているのみ。
《不安》本種は本当にマルゴミグモだろうか? ヒメマルゴミグモの可能性はないだろうか?
[PR]
by nephila1 | 2005-01-04 00:00 | クモ目

チュウガタシロカネグモ(コガネグモ科)

c0034881_7363573.jpg
腹部の両肩に1対の黒斑があるのでチュウガタシロカネグモでしょう。(他のシロカネ類には無い) 山地の草間に水平円網を張り、オオシロカネグモとは異なり水辺には居ない。体長♀9~12mm、♂6~8mm。南方系の蜘蛛だが関東以西~南西諸島に掛けて分布する。(2004.12.19福岡市西区橋本八幡宮)
[PR]
by nephila1 | 2004-12-19 00:00 | クモ目

ハンゲツオスナキグモ♀(ヒメグモ科)

c0034881_1872631.jpg
ハンゲツオスナキグモSteatoda cingulata (Thorell 1890)
(ヒメグモ科)
漢字で書けば、半月雄鳴蜘蛛。大変に変わった名前だが、命名の由来は、メスの腹部前部の半月状黄斑とオスが鳴き声を出すことだそうだが、鳴き声などは聞いた事がない。体長7~8mm、♂5~6mm。 石垣等の割れ目や窪地・石の下に管状住居を作り、その奥に居る。住居の入り口に不規則な網を張り虫を捕らえる。分布;北海道から九州
(2004.11.14福岡市西区愛宕浜)
[PR]
by nephila1 | 2004-11-14 00:00 | クモ目

ネコハエトリ(ハエトリグモ科)

c0034881_16132821.jpg
ネコハエトリCarrhotus xanthogramma (Latreille 1819)(福岡市西区能古島2004.11.03
体長♀8~9mm。頭胸部は黒色、腹部背面に多数の黄・褐色の密生する。徘徊性で春から夏にかけて低木の枝葉や草の葉に多く棲み普通に見られる。体長♂5~7mm。分布は日本全土。
[PR]
by nephila1 | 2004-10-31 00:00 | クモ目

ナガコガネグモ(コガネグモ科)

c0034881_15405659.jpg
ナガコガネグモ(コガネグモ科)メス
腹部が黄色と黒のこまかい縞模様の大きなクモ。草原や林の周辺、水田などに、円網を張る。小さい時期には、網に刺激を与えるとはげしくあみを前後にゆすり続ける習性がある。出現期;稲の苗代の時期から子グモが見られはじめ、8月~10月に産卵。(2004.09.20背振山系井原山(福岡県))
[PR]
by nephila1 | 2004-09-20 00:00 | クモ目