「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:クモ目( 32 )

新春のクモ②

生物多様性保全ゾーン《地図

アシブトハエトリ♀ Pancorius crassipes (Karsch 1881)
c0034881_10275192.jpg
本邦最大のハエトリグモ。
亜成体?体長12mm。

アシブトハエトリ♂ Pancorius crassipes (Karsch 1881)c0034881_1028090.jpg

雄の第1脚と第2脚はとても太くて逞しい。


[PR]
by nephila1 | 2007-01-06 00:04 | クモ目

新春のクモ①

福岡市西区能古島《地図
コアシダカグモ Sinopoda forcipata (Karsch 1881)
久し振りに市営渡船に乗ってみた。 曇り・風少々・暖かい
c0034881_21593126.jpg


空振りに近いくらい何も居なかった。
[PR]
by nephila1 | 2007-01-04 00:00 | クモ目

水辺・水田のいきもの/生物多様性保全ゾーン(11月)

刈入れの済んだ水田/一部は湛水状態(左画像の手前部分=右画像)
水田の生き物保全の為には冬季湛水が望まれる。
c0034881_2393687.jpg


ウヅキコモリグモPardosa astrigera L. Koch 1878
乾燥地を好むので湛水水田には少ない。(1頭のみ)
c0034881_2256246.jpg

キクヅキコモリグモ Pardosa pseudoannulata (Bösenberg & Strand 1906)
水辺・水田の代表選手。九州では平地の冬季湛水水田の最優先種。
S,Wさんのお話では、関東地方を境に優先種がキクヅキコモリグモからキバラコモリグモに入れ替わる由。関東北部以北では殆どがキバラコモリグモだそうである。そう言えば九州でも平地ではキクヅキコモリグモばかりだが、山間地の湛水水田ではキバラコモリグモばかりになる。
c0034881_22562465.jpg

ヤゴ・・・・・これじゃ種名が判らない(笑)c0034881_22563895.jpg

トンボc0034881_2256544.jpg

ネコハエトリ Carrhotus xanthogramma (Latreille 1819)
水田に居るとは思えないので、単なる周囲からの侵入と思われる。
c0034881_22572044.jpg


[PR]
by nephila1 | 2006-11-12 00:00 | クモ目

ナガコガネグモの交接(失敗?)

●2006年8月6日:脱皮後、8月10日位から突然大きくなった。最終脱皮だったのか??
 そうであれば♂を捜さなきゃ。
●2006年08月12日:♂3頭を確保。c0034881_19315345.jpg


●2006年08月13日:飼育中のナガコガネグモ♀に♂3頭を投入。
c0034881_9404581.jpg(♂投入前)


c0034881_931487.jpg投入するや否や、3頭とも一斉に♀に群がる。
しかし、♂の触肢が♀の外雌器に接触するかと言うタイミングで3頭とも絡め取られてしまった。(余りにも瞬間的だったので撮影の準備が・・・・・・ボケ画像の山)

  ①交接は成功したんだろうか??
  ②失敗したのであれば、何が悪かったんだろうか?

そういえば2日間餌なしだったので、それが悪かったのか?
♂の捕獲も容易じゃないし・・・・・



●2006年8月17日
成熟しきっているように見える。 捕獲時の07月16日の画像と比較すると違いは一目瞭然。、でも、♂が居な~~い。


c0034881_1823556.jpg
[PR]
by nephila1 | 2006-08-13 09:38 | クモ目

発生異常と思われるナガコガネグモ♀幼体

(2006.07.15福岡西区元岡[元浜])《地図

c0034881_1125745.jpg
帽子を被ったようで可愛い!

そして腹下面はと言えば・・・・・(2006.07.16福岡西区元岡[元浜])
c0034881_1141536.jpg

出糸突起は2つ有るが、その後の観察では左側しか機能していないようだ。

●2006年07月15日:福岡西区元岡(元浜)で発見。
●2006年07月16日:捕獲、飼育開始。
●2006年07月26日:脱皮:脱皮後もあまり大きさが変わらない。
●2006年08月06日:脱皮:8月10日くらいから突然巨大に!最終脱皮だったのか??
[PR]
by nephila1 | 2006-07-15 00:02 | クモ目

旬の蜘蛛(春の蜘蛛)

                             《能古島への地図
??オニグモ♀成体
早春に成体で出現するのは・・・・畑地側の明るい草原/垂直円網(福岡市西区能古島)
c0034881_22253269.jpg


最も早く出現するのはキザハシオニグモだと言われているが・・・・・

アオオニグモの出現まで、あと10日くらい。4月の終わりにはもう出てくる。

c0034881_2228477.jpg


??オニグモ♂成体
c0034881_2231790.jpg
[PR]
by nephila1 | 2006-04-08 00:00 | クモ目

佐賀富士町古湯地区~佐賀大和町~富士町畑瀬地区

                           《佐賀県富士町への地図
シマササグモ♀Oxyopes macilentus L. Koch, 1878 (ササグモ科)

c0034881_1101970.jpg団居中の仔グモを保護して離れない。南方系のクモ。九州南部~南西諸島に分布。
この親子は撮影後、古湯の自然に戻された。


ハヤテグモ♀ Perenethis fascigera (Bösenberg & Strand 1906) (キシダグモ科)
c0034881_111960.jpg
本州南部,四国,九州以南に分布。


嘉瀬川ダムの工事は進む。以前入れた畑瀬地区も、看板だけだけど"立ち入り禁止"に。
あちらこちらで開削工事が進んでいるので、一段と緑が少なくなった。
ササグモ♂ Oxyopes sertatus L. Koch 1878 (ササグモ科)
c0034881_923764.jpg
真正面画像は愛嬌がある。
♂画像が少なかったので丁度良かった。


ワキグロサツマノミダマシ♂Neoscona mellotteei (Simon 1895) (コガネグモ科)
c0034881_924999.jpg
オニグモの仲間の♂は皆、この様に脚をペチャンとした姿勢だが、どうしてーー。
加えて脚を欠損した♂個体が非常に多い。どうして?
[PR]
by nephila1 | 2005-08-01 00:00 | クモ目

今宿のクモ

画像が登録できない。
[PR]
by nephila1 | 2005-05-21 00:00 | クモ目

空き家の網を探そう!/福岡市西区

●クモは必ずしも常に網に占座する訳ではない。巣(すみか)に潜んでいることも多い。そこで今日は空き家に見える網を探して廻った。網の周囲のあやしげな部分がターゲット。/2005.05.07

アオオニグモ Araneus pentagrammicus (Karsch 1879)
2005.05.07福岡市西区能古島
c0034881_819125.jpg
木々の間に垂直円網(あみの一部がない[切れ網])を張り、その一端に葉を半月状に丸めた天幕様の巣(画像左)を作り、其の中に潜む。網に獲物が掛かるとクモは"天幕"から一直線に飛び出してくる。この画像は、網と巣の関係を良く理解してもらえる構図だと思う。

c0034881_8191829.jpg撮影時に網に触れると、一気に飛び出してきた。急いで撮影しようとしたが、間に合わず、元に戻ってしまった。頼むから、もう少しだけ顔を出してくれっ!!

c0034881_8202658.jpg主はこんなに綺麗なクモ。早春のクモで、4月下旬から山野に出現し、7月まで。

ヤマシロオニグモNeoscona scylla (Karsch 1879)
2005.05.07福岡市西区能古島

c0034881_8212464.jpg若芽の3枚目と4枚目の間が巣。

日中、通常は垂直網の中央に下位占座するが、巣に潜んでいることもある。
c0034881_8214697.jpg上の巣をチョットだけ覗いたら飛び出してきた。
網の中央は画像下端の真中よりやや右。

コゲチャオニグモ Neoscona punctigera (Doleschall 1857)
2005.05.07福岡市西区能古島c0034881_822624.jpg
クモの左に信号糸(?)が見える。網は右下。2枚の葉を綴り合わせていたが、撮影のために開いたところ。



本当はアオオニグモ探索が目的だったが、30分程で直ぐに見つかった。アオオニグモは個体数が少ないが、主の居なさそうな網を探せば、遠目にも判る。効率よく発見できるかも!

●2005.05.08追記:翌日道すがら

オニグモ Araneus ventricosus (L. Koch 1878)   福岡市西区橋本
c0034881_2154852.jpg
身近なクモの代表選手。
幼体の時は網に占座するが、成体になると夜間にしか見られづ、昼間は枝陰に潜む。(巣は作らない)
鳥の餌食になるのを避ける為であろうと思われる。

●2005.05.15追記:再び能古島
主の見えない網のみを注意しながら山道を散策すると、先週同様に、個体数の少ないアオオニグモやコゲチャオニグモが容易に見つかった。
[PR]
by nephila1 | 2005-05-07 00:00 | クモ目

ウズグモ? (ウズグモ科)

ウズグモ Octonoba varians (Bösenberg et Strand 1906)
(2005.05.04佐賀市金立町金立大門 金刀比羅神社) 神社の崖の窪地
c0034881_873317.jpg♀(隠帯は直線状)
成体は6~8月、産卵は7~8月。

c0034881_874679.jpg卵のう。
少し気になる事は、八木沼図鑑の卵のうと異なること。(これだとオオヒメグモだけどなぁ~)

成体は6~8月、産卵は7~8月。

c0034881_875851.jpg♂?

c0034881_881271.jpgタカラダニに取り付かれたウズグモ♀(別個体)

c0034881_2013474.jpg上の個体を捕獲後撮影。


●ウズグモとオオヒメグモ♂が隣通しで混棲していたのかなぁ~。
●折角の金刀比羅神社なんだから、コンピラヒメグモを撮影したいなぁ~。
[PR]
by nephila1 | 2005-05-04 00:00 | クモ目