佐賀福岡県境の南北では季節に1ヶ月の違い?

背振山系によって佐賀県と福岡県は接する。蛙の出現をみてみたら、季節が1ヶ月ほど違いそうだ。昆虫ではどうだろう??蝶ではどうだろう?佐賀三瀬村・富士町は南斜面、福岡西区金武は北斜面。        《佐賀福岡県境三瀬峠への地図
5月の連休中、印象に残ったのは、佐賀県側の水田が、蛙の大合唱をバックに、アメンボやコオイムシ、無数のクモなどの小動物が活発に動き回り、春爛漫の様相を呈しているのに、福岡県側の山手の水田が"沈黙の春"状態であったこと。西区・早良区で数人の農家の方に聞いてみると、「蛙?居ないよ!」、「6月、水田に水が入ったら居るよ!」と相当に異なる返事だった。
背振山系の南側(佐賀県側)山間部では大部分の水田で田植えが始まったが、北側の福岡西区早良区の山麓部ではほんの一部の水田だけ。ただ、この事自体はあまり問題ではない。恐らくは、コシヒカリ等の早期栽培ではないかと思われ、品種が異なるので、早いか遅いかを論じても意味がない。あくまでも同時期に水の入った水田に於ける生物相の話が重要。南側と北側で気候が異なるのだろうーー? ん~、佐賀のまささんに聞いてみよう。
    ーーと言う訳でリクエストのあった蛙の捕獲は失敗!
c0034881_3384577.jpg

春爛漫の水田(2005.05.04佐賀三瀬村)

c0034881_3515921.jpg"沈黙の春"(コシヒカリ早期栽培・福岡西区金武/2005.05.08)

《追記》2005.05.12;まささんよりの情報では、佐賀県側の早期栽培品種はヒノヒカリである由。
[PR]
by nephila1 | 2005-05-08 00:00


<< 今宿のクモ 空き家の網を探そう!/福岡市西区 >>