コアシダカグモ幼体(アシダカグモ科)

Sinopoda forcipata (Karsch 1881) コアシダカグモとしておこう。いや、Sinopoda sp.かな?
(2005.04.03福岡市西区能古島のスギ林[樹皮下])
《2005.05.27訂正追記》みるかし姫さんのご教示により、"コアシダカグモ幼体"を"アシダカグモ?幼体"に変更。
理由は3点。①九州だと屋外にもアシダカがいる可能性があること、②腹部後端の逆三角斑は、変異が大きく、Heteropoda属とSinopoda属を区別する決め手とするには注意を要すること、③コアシダカには無い頭胸部前縁の白い毛の存在。《以上、追記》

c0034881_6224381.jpg
①野外採集であること。②トレードマークである腹部後端の逆三角白斑の存在(アングルが悪く見難い上に色調も淡く黄色でないがーーー)
ただしトレードマークの一つである腹部の斑点はない。不安な一点である。
Sinopoda属は8種も居るが違いがさっぱり判らない。昭和40年代は簡単だった。Heteropoda属は3種(アシダカ、コアシダカ[Sinopoda属に転属]、トカラアシダカ)だったから~。(笑) わざわざ吐喝羅列島まで採集にも行った。
《恐怖》採集のさなか近くで落雷:志摩町の海岸にも落雷した模様→サーファー5名が重軽傷。
c0034881_23104320.jpg


上と同一個体。保護色に夕陽が当たり、非常に見難い。
[PR]
by nephila1 | 2005-04-03 00:00 | クモ目


<< マミジロハエトリ♂(ハエトリグモ科) キクヅキコモリグモ(コモリグモ科) >>