「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

水辺の生き物と森の保全

生物多様性保全ゾーン《地図

ニホンアカガエルやカスミサンショウウオの産卵期は1月の終わりから2~3月にかけて。丁度今はニホンアカガエルの産卵の真っ最中で、少し遅れてカスミサンショウウオ。しかしながら、産卵場所である止水池沼よりかなり離れた森の林床でもお腹を膨らませた越冬個体を見かける。
従ってこのことより、これらの種の保全の為には、水辺近傍だけではなく、それらを取り囲む森も含めた広範囲な自然を保全する必要があることが判る。

ニホンアカガエルの産卵真っ盛りc0034881_21132695.jpg

水辺よりかなり離れた越冬地(根株移植地)/後ろは九州大学工学研究院
c0034881_218132.jpg

林床のカスミサンショウウオ越冬個体/産卵間近c0034881_2191268.jpg

林床のニホンアカガエル越冬個体
c0034881_21113919.jpg
[PR]
# by nephila1 | 2007-02-04 00:00 | 水辺の生き物

新春のクモ②

生物多様性保全ゾーン《地図

アシブトハエトリ♀ Pancorius crassipes (Karsch 1881)
c0034881_10275192.jpg
本邦最大のハエトリグモ。
亜成体?体長12mm。

アシブトハエトリ♂ Pancorius crassipes (Karsch 1881)c0034881_1028090.jpg

雄の第1脚と第2脚はとても太くて逞しい。


[PR]
# by nephila1 | 2007-01-06 00:04 | クモ目

新春のクモ①

福岡市西区能古島《地図
コアシダカグモ Sinopoda forcipata (Karsch 1881)
久し振りに市営渡船に乗ってみた。 曇り・風少々・暖かい
c0034881_21593126.jpg


空振りに近いくらい何も居なかった。
[PR]
# by nephila1 | 2007-01-04 00:00 | クモ目

生物多様性保全ゾーン(福岡市西区)

生物多様性保全ゾーン《地図》内の池
ニホンアカガエルやカスミサンショウウオの産卵場所
/1月の後半になると多数の卵塊が見られる

c0034881_229266.jpgカスミ1号池

c0034881_2291942.jpgカスミ2号池

c0034881_2293536.jpgカスミ2号池>

水中に逃げ込んだニホンアカガエル(カスミ2号池)
c0034881_1630551.jpg
通常は池の周囲の林床で生活するニホンアカガエルも、危険を感じれば水中へと逃げ込むようだ。10分待っても出て来なかった。

c0034881_2294730.jpgデンジ沼

[PR]
# by nephila1 | 2006-12-03 00:08 | 観察サイト

水辺・水田のいきもの/生物多様性保全ゾーン(11月)

刈入れの済んだ水田/一部は湛水状態(左画像の手前部分=右画像)
水田の生き物保全の為には冬季湛水が望まれる。
c0034881_2393687.jpg


ウヅキコモリグモPardosa astrigera L. Koch 1878
乾燥地を好むので湛水水田には少ない。(1頭のみ)
c0034881_2256246.jpg

キクヅキコモリグモ Pardosa pseudoannulata (Bösenberg & Strand 1906)
水辺・水田の代表選手。九州では平地の冬季湛水水田の最優先種。
S,Wさんのお話では、関東地方を境に優先種がキクヅキコモリグモからキバラコモリグモに入れ替わる由。関東北部以北では殆どがキバラコモリグモだそうである。そう言えば九州でも平地ではキクヅキコモリグモばかりだが、山間地の湛水水田ではキバラコモリグモばかりになる。
c0034881_22562465.jpg

ヤゴ・・・・・これじゃ種名が判らない(笑)c0034881_22563895.jpg

トンボc0034881_2256544.jpg

ネコハエトリ Carrhotus xanthogramma (Latreille 1819)
水田に居るとは思えないので、単なる周囲からの侵入と思われる。
c0034881_22572044.jpg


[PR]
# by nephila1 | 2006-11-12 00:00 | クモ目

水辺・水田のいきもの/生物多様性保全ゾーン(10月)

刈入れ後の水田に生き物がいるのは、湛水状態になっている部分に限られる。

ヌマガエルc0034881_131312.jpg


c0034881_1313024.jpg

ガムシの一種
c0034881_1311253.jpg

ウヅキコモリグモPardosa astrigera L. Koch 1878
基本的には畑地・乾田のクモ。水場には少ない。
c0034881_1312140.jpg

カスミカメムシの一種?
c0034881_1313841.jpg

ニホンアカガエル
c0034881_1314518.jpg
1月末~3月に産卵。
圃場整備されたエリアでは産卵期に水場が無くなり絶滅状態。

イオウイロハシリグモ(スジボケ型)Dolomedes sulfureus L. Koch 1878
c0034881_1315390.jpg


[PR]
# by nephila1 | 2006-10-21 00:04 | その他昆虫

台風の被害1頭

昨夜、強風に吹き飛ばされたナガコガネグモが[☆]になりました。
(1日中九州に居座ったドンガメ台風10号による)

享年:産卵を前にした成体
死因(推定):全身打撲と溺死
[PR]
# by nephila1 | 2006-08-19 00:00

念願のタテハモドキ(九州を北上中の南方系チョウ)

タテハモドキ夏型 Junonia almana almana (Linnaeus, 1758)
c0034881_16145172.jpg
200mm望遠ではこれが限界、近寄れない~~! 下の河原に降りようとするうちにどこかへ・・・・。


捕虫網は手元にあったが、撮影と捕獲・・・・・。悩んで撮影を優先させてしまった。
周辺の食草も確認してみる必要があるな~。
調べると、幼虫の食草は、クマツヅラ科のイワダレソウ、キツネノマゴ科のオギノツメ、ゴマノハグサ科のスズメノトウガラシなど。
(2006.08.14 福岡県久留米市津福本町)
[PR]
# by nephila1 | 2006-08-14 00:06 | その他昆虫

ナガコガネグモの交接(失敗?)

●2006年8月6日:脱皮後、8月10日位から突然大きくなった。最終脱皮だったのか??
 そうであれば♂を捜さなきゃ。
●2006年08月12日:♂3頭を確保。c0034881_19315345.jpg


●2006年08月13日:飼育中のナガコガネグモ♀に♂3頭を投入。
c0034881_9404581.jpg(♂投入前)


c0034881_931487.jpg投入するや否や、3頭とも一斉に♀に群がる。
しかし、♂の触肢が♀の外雌器に接触するかと言うタイミングで3頭とも絡め取られてしまった。(余りにも瞬間的だったので撮影の準備が・・・・・・ボケ画像の山)

  ①交接は成功したんだろうか??
  ②失敗したのであれば、何が悪かったんだろうか?

そういえば2日間餌なしだったので、それが悪かったのか?
♂の捕獲も容易じゃないし・・・・・



●2006年8月17日
成熟しきっているように見える。 捕獲時の07月16日の画像と比較すると違いは一目瞭然。、でも、♂が居な~~い。


c0034881_1823556.jpg
[PR]
# by nephila1 | 2006-08-13 09:38 | クモ目

発生異常と思われるナガコガネグモ♀幼体

(2006.07.15福岡西区元岡[元浜])《地図

c0034881_1125745.jpg
帽子を被ったようで可愛い!

そして腹下面はと言えば・・・・・(2006.07.16福岡西区元岡[元浜])
c0034881_1141536.jpg

出糸突起は2つ有るが、その後の観察では左側しか機能していないようだ。

●2006年07月15日:福岡西区元岡(元浜)で発見。
●2006年07月16日:捕獲、飼育開始。
●2006年07月26日:脱皮:脱皮後もあまり大きさが変わらない。
●2006年08月06日:脱皮:8月10日くらいから突然巨大に!最終脱皮だったのか??
[PR]
# by nephila1 | 2006-07-15 00:02 | クモ目